読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

認知症 MCI早期発見テスト体験談!~あたまの健康チェック~

母が重度の認知症のため、実娘の私も将来認知症の可能性があるかも?と思って認知症の早期発見テストを受けてみました。自分が認知症にならないか心配な人は認知症 MCI早期発見テストを受けてみましょう!

認知症とは?もの忘れとの違いは?

認知症とはどのような病気をいうのでしょう。

 

 

人間誰でも歳を重ねていくと人の名前や物の名前を思いだせなくなったり、忘れてしまうことが良くあり、誰もが経験しているでしょう。これは加齢によるもの忘れで、認知症の初期症状によく似ているので認知症と間違うことが多いようです。

 

 

もの忘れと認知症の違いを列記してみます。

■原因

もの忘れの原因となるのは加齢による脳細胞の機能が低下していることで、

認知症では脳細胞が死滅して脳が委縮することが大きく異なります。

 

■記憶

もの忘れは自分が体験したことの一部を忘れてしまうことで、何かのきっかけで思いだすことができるに対して、認知症は体験したこと自体を忘れてしまうことです。

(例えば、もの忘れは昨日の夕食のメニューを思いだせないに対して、認知症は夕食を食べたかどうかを思いだせないのです。)

 

■生活への支障

もの忘れは支障なし、認知症は支障あり。

 

■進行性

もの忘れは進行しない、認知症は進行する。

 

■自覚症状

もの忘れの自覚あり、認知症は自覚なし。

 

■身体機能への影響

もの忘れは記憶力は低下、認知症は記憶力の低下とともに、判断力、時間間隔、季節感が低下してくる。

参考文献 認知症ONLINE

 

 

このように、もの忘れと認知症とでは全然内容が違ってくるようです。あなたやあなたのご家族の状態はどうでしょう。高齢化社会となった今日、今後ますます認知症患者や軽度認知症障害MCI(認知症予備軍)の人が増えると予想されています。

 

 

もし、ご自分やご家族に認知症っぽい症状が確認できたら、認知症が進まない対策を考える必要があるかもしれません。一度、認知症の早期発見テストを受けて見られたらいかがでしょう。。

  

10分で行える簡単な認知機能のチェックテスト【あたまの健康チェック】