読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

認知症 MCI早期発見テスト体験談!~あなたは大丈夫?~

母が重度の認知症のため、実娘の私も将来認知症の可能性があるかも?と思って認知症の早期発見テストを受けてみました。自分が認知症にならないか心配な人は認知症 MCI早期発見テストを受けてみましょう!

軽度認知障害(MSI)とは?

2015年1月の厚生労働省の発表によると、2025年には高齢者の認知症患者は700万人を超えて、65歳以上の人の5人に1人が認知症となると推測されています。また、認知症予備軍と言われている軽度認知障害(MCI)の人の数を足せば約1300万人ともなります。

 

 

このことは65歳以上の人の3人に1人が認知症、もしくは認知症予備軍なのです。加齢とともに訪れる認知症は誰もがなっても不思議でないということがわかります。

 

 

単に「認知症」といってもいろんな種類があるようで、一般によく認知症といわれているのが「アルツハイマー認知症」で、他には「脳血管性認知症」や、「レビー小体型認知症」、「前頭側頭型認知症」があるようです。

 

 

この他、認知症と健常者との間に属するといわれている軽度認知障害(MCI)も増加しているといいます。また、認知症の種類によって、症状や治療方法が違ってくるようですので、認知症の症状が見られてきたら専門医の診察を受けることになります。

 

 

軽度認知障害(MCI)ですが、認知機能の一部に少し問題があったりしますが、生活していく上では特に支障がないようです。しかし、このまま放置しておくといずれは認知症へ移行していくことが考えられますので、軽度認知障害(MCI)と判断されたら適切な処置を受けることで認知症の発症を遅らせたりできるようです。

 

10分で行える簡単な認知機能のチェックテスト【あたまの健康チェック】