読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

認知症 MCI早期発見テスト体験談!~あたまの健康チェック~

母が重度の認知症のため、実娘の私も将来認知症の可能性があるかも?と思って認知症の早期発見テストを受けてみました。自分が認知症にならないか心配な人は認知症 MCI早期発見テストを受けてみましょう!

認知症・MCI早期発見テスト!自分が認知症(軽度)かどうか簡単にわかります!

ブログご訪問ありがとうございます

 

 

私は現在60歳。母の介護を主人と毎日しています。
母はまもなく91歳の誕生を迎えます。

 

 

もう10年近く前から認知の症状がではじめ、専門クリニックで診てもらうと「アルツハイマー認知症」と診断されました。その後、認知の度合いが日々進み、幻覚や幻聴、徘徊までするようになりました。

 


連日、母の認知症が進むのを見ていると、私も後二十数年経つと認知症になるのか心配です。

 

 

高齢になると誰もが認知症になる可能性を秘めていると言われていますが、高齢でなくても65歳以下の「若年性認知症」の方もたくさん居られるようです。認知症にならないためには今からどのようにすればいいのでしょうか?

 

 

ネットで見つけた「認知症・MCI早期発見テスト」を受けてみました。

認知症・MCI早期発見テストとはいったい何でしょう・・・???

 

 

認知症・MCI早期発見テストとは、「あたまの健康チェック」のこと。

MCIとは認知症と健常者の中間の段階のことで、軽度認知障害のことを言います。


ild
ognitive
mpairment

を略してMCIと呼ぶそうです。

 

 

記憶や理由づけの認知機能のうち一つに障害がありますが、日常生活には支障がないことで、MCI(軽度認知障害)の定義としては次の項目があるようです。

 

1、記憶障害の訴えが本人、または家族から認められている
2、日常生活動作は正常
3、全般的認知機能は正常
4、年齢や教育レベルの影響のみでは説明できない記憶障害が存在する
5、認知症ではない

 

 

MCIを放置すると認知機能の低下が続くことが分かっていて、非認知症から認知症への移行率は1年で12%、4年で50%ともなると言われています。しかし、MCIの段階で早期発見ができ、適切な予防対策を講じれば認知症の発生を抑えたり、14~44%の人がMCIから回復することができると言われています。

 

 

10分で行える簡単な認知機能のチェックテスト【あたまの健康チェック】

 

 


認知症を予防するには
■生活習慣の改善
運動、健康な食事、対人接触などを意識して日々努力することが大切。

 

■脳機能トレーニング
エピソード記憶、注意分割機能、計画力などを集中的にトレーニングすることが大切。

これらを実行することで認知症の発症を抑えたり予防することができると言います。(以上、認知症ネット参照)

 

 

 

さて、認知症・MCI早期発見テストに戻りますが、認知症・MCI早期発見テストの「あたまの健康チェック」は電話で行います。電話で申し込んで、10~15分間のチェックを行い、後日MCIかどうかの判定が送られてくるのです。

 

 

MCIの結果は5日後に封書で送られてきました。
総合評価は 「問題は見つかりません」とのことで一安心です。 

 

f:id:biken146:20170327065437j:plain

 

 MPIスコア(認知機能指数)も表記されていて、その数値によって「MCIの疑いあり」や、「問題は見つかりません」の判定があるようです。あなたも今後のために一度「あたまの健康チェック」をうけてみてはいかがでしょう。

 

 

 

万が一、「MCIの疑いあり」と診断されても心配はありません。

同封されている冊子には診断内容と今後の進め方も記載されていますし、心配な方には専用ダイヤルでのお問い合せもしてくれています。

 

 

 

こちらからどうぞ。。